09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

プロダクション対抗トークバトルショー 総括2 

昨日の記事はさすがに適当すぎたので、イベントカバレージとして少しでも後に走る人の参考になるようなことを書きたいと思います。



基本的な立ち回りはドリフと同じで、削った気力の1/1000のポイントとMVPによりもらえるボーナスをポイント源として効率よくptを稼いでいきます。
ユニットのレベルはブロックごとにリセットされてしまうので、ダラダラと稼ぐよりは短い期間で終わらせてしまった方が効率的にも減価償却的にも良いです。



パワー持ちは発揮値を上げてただ単純にワンパンあたりのpt効率をアップさせるだけでなく、「瞬間火力の上昇によるMVPの取りやすさ」を向上させる働きが見込まれます



例えば気力8,000,000のユニットがいたとして、Aさんはフルパンで5,000,000の火力、Bさんはフルパンで3,000,000の火力が出るとします。
このユニットのMVP(つまるところの気力4,000,001以上)を取るにあたって必要なフルパン数はAさんが1回でBさんは2回です
この時点でBさんがAさんとMVPを競ったときにスピードでAさんに勝ることはまず不可能です
なので、この手のドリフやトークなどの不特定多数のユーザーと1つのユニットの気力を削り合うイベントにおいては瞬間火力向上のためのパワー持ちは半必須になっているといって過言ではないと思います。



ここまで書くと分かる人もいるかと思いますが、ドリームLIVEフェスならびに今回新しく打ち出されたトークバトルショーはスタイべではありません(これは他所の記事などでも書かれていますが)
いかんせんMVPを取る必要のあるゲームであり、スタ走りによるチヒールではその速度についてこれないのが要因です
ただし全くスタドリが役に立たないかというとそういうわけでもなく、1つのユニットを倒し終わったらスタでTPが6に回復するまでチヒールを狙って歩き続けて、6まで回復したらまたフルパンを連打して足りない分は飴を使って倒し切る というようなTPの補助をすることができるのでスタドリでイベントを走る際はこの使い方がオススメです



ここからは殴り方の話です
ドリフなどのMVPゲーの場合、意識することは"静動のメリハリをつける"だったんですが・・・
トークバトルショーでは○○が××××の気力を失わせた
のログが消えてしまったので、今誰がどれくらいの気力を削っていてどれだけ削ればMVPを取れるのかが一切不明になってしまいました
これに関してはどうすることもできないので猿のように殴りまくって50%を確定させるしかないです。50%を削れば何が起きても1位なので。



ちなみにドリフの項でまた詳しく書きますが
ダメージログが見える場合「特定の1〜2人が爆走してる場合には最低限の削り」「混戦時は頭2つ分くらい突き抜ける」の2種を意識します



例えば2人が爆走している時の理想形は以下です



ドリフェス2



たったのワンパンで3位ボーナスを獲得しています






これに対して混戦時の時ですが悪い例が以下です


ドリフェス1


こうなってしまっては完全に闇で、3位などはもう目も当てられません


と、こんな形でダメージログがある場合は1窓をダメージログに開き随時更新しユニットのダメージ状況をチェックしつつもう1窓で殴っていくというスタイルで、異次元の超効率でイベントを駆け抜けることが可能です


今回はトークについて書く記事なので、ダメージログがONのイベントの話はここらへんで終わりにします
またドリフェスに関してはまとめ記事を書くのでそちらを参照してください



話が逸れてしまいましたがトークのユニットの捌き方の話に戻ります
今回自分は非アクティブとアクティブの中間くらいに位置するプロダクション環境で走ったので、その環境準拠で説明していこうと思います
基本的にユニットのレベルを上げるのは自分です。
ラスアピは美味しいからか結構拾ってくれることが多いのでユニットの7~8割を削ったら次のユニットを削りにいく、再び7~8割・・・の繰り返しでした
レベルが上がってきてもやることはほとんど変わりません
横取りと大量横取りに関しては調整することなく時間の許す限りフルパンを連打します(横取りに関しては普段通常ユニットを静観してる人も湧いて殴ってくるので下手に調節しようとするとMVP1位ごと持っていかれる恐れがあるので)


環境としては一長一短でレベルを上げるのに大変な労力が必要な反面、意のままにMVPを獲得できるというメリットもありました
盛り抜きで自分が走ろうと決めた日に倒したユニットのMVP1位の90%は自分だったと思います(取れなかった時はSafariが落ちてしまった時かうんこしてた時)
ランナーが複数いるプロダクションでは超速でユニットのレベルが上がる反面、殴っても殴っても追いつかない・・・なんて状況もありえると思うので難しいですね
前日にptを稼ぎ過ぎて負けてグループが再編成された日のドリフを想像してもらえると分かりやすいです



当然ですが殴る時は飴を噛み砕きましょう
ある程度アクティブなプロともなると2~3秒のロスだけでも致命的なのでトークバトル一覧のページをブックマークに作っておくと同時に、ブラウザバックのちょうどいいタイミングを掴んでおいて3~5秒に一回フルパンがぶちこめるようにすると快適です。



スポンサーサイト

カテゴリ: アイドルマスター シンデレラガールズ

tb: 0   cm: 0

« 第4回アイドルLIVEロワイヤル  |  プロダクション対抗トークバトルショー総括 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://syncauru.blog134.fc2.com/tb.php/557-1b868ec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。