09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

ボロスバーンメモ 




vs青単
焼き切るのが先か殺されるのが先か
波使い以前に最序盤からちょこちょこ出てくるフライヤーがやっかいでクロックの刻み合いになる最中に出現する潮や家畜もやはり厳しい
除去の当てどころが肝
うまくクロックを刻みつつ戦導者のらせんなどに辿り着けたならしめたもの



vs緑、ジャンド系統
神秘家に血がよく当たる
比較的中速なのでペースに飲まれさえしなければ全体的には有利な印象
いずれもプレインズウォーカーがなかなか脅威になるがゲームの速度とハンドを見渡してみて全てプレイヤーに向けたほうが速そうならプレインズウォーカーは無視して火力は全て本体へ。ニッサも例外ではない

サイドチェンジ以降はナイレアの弓が致命的な1枚なので摩耗/損耗をイン
クルフィックスの狩猟者がエンチャントなのでそもそも腐ることがない
ナイレアの信奉者も言ってしまえば灰色商人なので1ゲーム目より頭蓋割りはもっともっと大切に




vs黒単

囲い、人脈、ショックランド等でだいたい4〜6点は自分からロスしてくれるので残る点数をこちらのバーンで焼き切るイメージ
兎にも角にも灰色商人がゲームエンド級のカードなので5マナ帯以降は頭蓋割りを持てているなら常に構えながらプレイをすること
幸いインスタントタイミングのバーンが多いのでかき立てる炎やらせんを打ち込みたい時は灰色商人が来なかったことを確認した終了ステップでよい

クリーチャーに関してはチャンフェニへの除去はもらうだけ得なので迷わず突撃
それら以外は4点以上のクロックが見込めるようならチャームでの援護をしてもよし、死んでもよい>通したい順に除去を当ててもらうもよしという感じで引いてきたもの次第

メインサイド後ともに若干有利なイメージ


vs赤アグロ
早いうちにこちらもクリーチャーを擁立しないと死亡まで秒読み
序盤の小競り合いを制したら完全にこちらのゲームなので早急に反攻者、悪くともチャンフェニに辿り着きたい
理想的な流れはT2に灼熱の血→T3反攻者だが、土地の兼ね合い(特に血の要求する(赤)(赤))が厳しい

また、マストで除去を当てないといけないクリーチャーに《火拳の打撃者》と《ゴブリンの熟練扇動者》が存在するので広範囲焼きが1枚しかないのに相手の場にサテュロスがいるからとウキウキで灼熱の血でプレイヤーにも5点を与えようと欲張ると後ろから出てきたクリーチャーに焼き殺されることもあるので難しい

総じてメインは5:5か4:6で不利

サイドチェンジは労苦/苦難をoutの電謀全in
サイド後は多分6:4
電謀は本当に強い


vs青コン

めちゃくちゃ重要なのがマナ管理
引いた札を手当たり次第撃っていくようでは完全に打ち消しあるなしゲーになってしまうので緩急の付け方が何より重要。
引いてくるカードよりもその撃ち方

ゲーム中に存在する2つの攻め時に最も集中する

1つは言わずもがな相手が大きな行動に出た時
ジェイスでも至高の評決でも構わない。マナが横になっていればよし
青コンは行動の後が最大の隙という言葉よろしくカウンターが何も来ないので中略ケアで動けなかったチャンフェニやチャーム類をどんどん飛ばす

2つめが重要で膠着状態の時
仮に相手が6マナ こちらが5マナを想定。
手札には火力はたくさんあるがコントロール相手にマナ負けしていて厳しくないとはとても言えない状況

ここで6マナ全起きで返されたら5マナは起こしたままこちらもターンを返す
往々にしてこのマナはこちらの行動をこかすために温存していたマナであっただろうからそのまま相手へターンが返る
ここで何か行動がありマナを使うようなら上の状況へシフトし、そのまま終了ステップに入るのであったらここでこちらは動き出す
5マナ持っているのでボロスチャームと稲妻の一撃を発動したとして仮にこれが2枚の解消で打ち消されたとする
するとターン開始のアンタップで再び4マナが起き、対して相手の6マナは寝ているので結果的に6マナvs10マナという状況が作り出せている
この状況ならばこちらの切り返しは全てだだ通りなので火力だろうと生物だろうと打ち消される心配なく叩き込むことが可能に
といった感じで状況状況にあったプレイを


vsミラー

油断ならないマッチアップ
らせんがとにかく強いのでそれを探せたならそれに越したことはないのだがお互いこれといったカードがない
ボロスバーン頼みの綱の実質除去である岩への繋ぎ止め、払拭の光、戦導者のらせんを全てシャットアウトできるダメージ発生装置の息吹ドラゴンはなかなか強いかもしれない
トップして弱いカードがデッキに入ってないので両者お祈りゲー
ニクス毛の雄羊サイド投入は真面目に大アリなプラン



スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

tb: 0   cm: 0

« サイドデッキ  |  M15ドラフト総括 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://syncauru.blog134.fc2.com/tb.php/575-cfd95bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。