09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

ラヴニカへの回帰〜テーロス環境 使用デッキについて 





RtR環境終わるので今期使ってきたデッキの総括や1枚1枚全てのカードや入っていないカードについて触れていく備忘録みたいな記事


チャンドラのフェニックス×4
場に設置する毎ターン2点火力のようなもので復帰力の高さも魅力的
除去に強いとはいえ5マナ以上出ていないと再び戦場に戻ってくるのにはターンを跨ぐ必要があるのでテンポ面ではやや遅れてしまう
相手がどんなデッキであれ初手にあると嬉しい1枚


ボロスの反攻者×3
デッキ内のクリーチャーで一番動きが鈍臭い
出した返しに非ダメージでの除去をもらうケースがかなり目立ち、何度もout候補に上がるも環境に一定数存在するスライ系のデッキに対してはなくてはならないカードであり、そうでない相手にも除去を受けない場合は自身の効果で3点以上は確定している先制3/3という高性能なダメージ発生装置なので3枚の投入で落ち着く


ゴブリンの熟練扇動者×3
このカードのおかげで、バーンカードを全て相手プレイヤーに叩き込むのではなくラブルを戦場に送り出した後は相手の前面のクリーチャーを焼いていき、ダメージは全てラブルによるクロックに任せるという方針で立ち回るということもできるようになっている、非常にデッキを柔軟にしてくれる1枚


頭蓋割り×4
ゲイン無効と軽減無効が優秀で4枚確定枠
アスフォデルやナイレアの信奉者、絆魂持ち、ひいては狩猟者のセットランドゲインなど、場面場面によって飛ばして詰めに大きく近づけるカード
プロテクション持ちにブロックされた際に発動するとプロテクションでダメージが軽減できないのでプロテクション持ちも破壊でき、同時にかなりうまぶれる


稲妻の一撃×4
クリーチャーにもプレイヤーにも飛ばせる3点火力
文句なし4枚


ボロスの魔除け×4
2マナ4点火力という化け物バーンカード
加えてパーマネントの破壊不能付与も備わっており隙のない1枚
戦慄掘りや英雄の破滅など、ダメージでないPW破壊などにも対応してPWを守ることができるのもポイント
二段攻撃は1回も使ったことなくて多分これからも使わない


灼熱の血×4
環境最強の焼き
クリーチャーにショックを打った後にプレイヤー本体に稲妻を打つ
これが2マナなんだから驚きだ


戦導者のらせん×3
4マナと少々重いが4点のドレインは言うまでもなく強力
バーンの延命は延命したターンだけドローができ、そのドローがそのまま火力に繋がるケースが多いのでかなり優秀


かき立てる炎×2
あまりクリーチャーを並べないから3マナ4点とかで打つこともよくあってそこまでは強くない
が、曲がりなりにも4点火力なので採用


労苦+苦難×3
先攻スタートからT3にハンド6枚くらいの相手に叩き込めると3マナ6点火力でほとんどゲームが決まる
黒を触っているのでドローも強い
マナフラで強い珍しいカード


払拭の光×2
メインからでは処理の難しいパーマネントや地上の攻撃を通すために
ゴルガリチャームの存在はあるとはいえ早い段階から出てくる焼きでの処理が難しい冒涜の悪魔を少しでも退かしておいてくれるのはありがたいこと


紅蓮の達人、チャンドラ×1
チャンドラのフェニックスの飼い主





デッキの総括になりますがボロスバーンはとてもいいデッキでした。
他のデッキとの決定的な違いはデッキ内に入っているカードのベクトルの統一具合だと思います

大抵のデッキはそれぞれ種類の違いこそあれ「マナをブーストする特定のカード」「ドローソース」「除去を担当するカード」「戦場に出てライフクロックを刻むカード」などなど
さまざまな役割(ベクトル)の違うカードがいい按配で合わさってデッキとなっています
これらをちょうどよく引っ張ってくることで状況状況に柔軟に対応でき、ライフクロックも理想的なスピードで刻んでいくことができる鉄壁な盤面が完成します

しかしながらデッキ内のカードのベクトルがバラバラなことで起きる問題も発生します
分かりやすい例が中盤以降ここぞという場面のトップマナクリ、最終盤のハンデス、既に脅威が前にいる時のカウンターなどなど


バーンはデッキ内のほとんどのカードが「自分のライフがなくなる前にライフを削り切る」という目的に合致していて、これらの問題を高いレベルで克服できているのがかなり高評価でした
デッキの山からどの7枚を抜きとってもかなり安定した強さで動けます
マリガン基準なんかもかなり緩いです。マリガンが難しいデッキとはマッチが始まる前から一歩リードしています

ゲームメイクをするうえで終着点がはっきり見えているのでプレイミスが発生しにくいのもかなり助かりました
チン毛サイダーって感じです


メインやサイドに入ってないカードに関して


ショック
火力的に1枚2点は厳しいライン
神々の憤怒やマグマのしぶきがフェニックスに飛んできた時にショックを当ててあげるとうまぶれます

大歓楽の幻霊
そもそもデッキが違う
このデッキでやると自分が先に死にます


サテュロスの火踊り
こいつ自身は一切本体ダメージに関与しないのでメインからは無しの方向でサイドに
バーンに入りうるカードの中ではかなりコントロール気質な一面を持っており相手にクリーチャーがいるとクソほどに強いです
明らかにカードのベクトルが違うのでトップゲーしてる時に単体でこれを引っ張ってくるのが寒すぎる


若き紅蓮術士
買おうと思った時にはRtR環境が残り2週間しかなかった






かなり楽しかった

スポンサーサイト

カテゴリ: MTG

tb: 0   cm: 0

« プレリリース用急造点数表  |  シンデレラガールズ CV »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://syncauru.blog134.fc2.com/tb.php/578-263ccb5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。