07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

ジェスカイ使い納め記事 




使い納め記念に思ってること全部かく


土地24
島2
山3
平地2
溢れかえる岸辺2
神秘の僧院 3
凱旋の神殿 3
啓蒙の神殿 1
天啓の神殿 2
シヴの浅瀬 4
戦場の鍛治場 2

クリーチャー11
カマキリの乗り手 4
ゴブリンの熟練扇動者 4
灰雲のフェニックス 2
嵐の息吹のドラゴン

スペル24
龍語りのサルカン1
稲妻の一撃4
軽蔑的な一撃3
時を越えた探索 4
ジェスカイチャーム4
かき立てる炎4
払拭の光4



予知するスフィンクス2
否認3
無効化3
精神振り2
嵐の神ケラノス1
弧状の稲妻2
神々の憤怒2


メイン軽蔑的な一撃3について
個人的にはメインから入ってない構築はナシです。
かなり勝ちを放棄しているか、よっぽど都合のいい相手の引きしか想定できてないと思います
メインからこの手のカードは尖ってるだの尖ってないだのと言った意味の曖昧な表現は全く意味がないので理由とともに説明を
ジェスカイは本質はバーンと言っても差し支えなく、何よりライフを削ることに重きを置いています
まずアブザンと白黒を触るデッキに包囲サイとロックとソリンがあります
包囲サイは出た瞬間に3点ゲインと、およそこちらの稲妻の一撃相当のライフを回復していきます。順当にバーンを本体に向けていった場合ここで擬似的なマイナス1が発生しています。さらに放っておけば5パンで死んでしまう無視のできないクロックなので処理せざるを得ません。仕事の終えたサイを1:1で処理して都合2:1の計算です。

ロックも同様、出た瞬間2体に分裂している(すなわち払拭の光などで1:1の形に終わらない)6/8の戦力が場に出るわけですから、これをなかったことにしようとするとやはり2枚分のカードを要求されてしまいます

ソリンも流れ的にはライフを回復されたのちに火力、ないしは本来はプレイヤーに届くはずだったパンチをソリンに集中せざるを得なくなって撃破 の流れを汲むので損をしていることには違いないです。

通常は4マナ以上のカードがきついから単純に軽蔑的な一撃を入れる、しかもメインから などといったことは戦術的にはご法度なのですが今環境は優秀なCIP持ちが非常に多く、且つそれらにジェスカイウィンズにとって痛手になるカードばかりなのでこのような形で対策を打っていくことに終着しました

これは環境変化ゆえの後付けになってしまうんですがシディシウィップのエレボスの鞭も相当にマストカウンターなのでメイン軽蔑的な一撃の理由になりますね



もう一つの理由にサイドデッキの枠取りがあります
多くのジェスカイはサイドチェンジ以降クリーチャー群をほとんどメインデッキから抜き、その枠にカウンターやフィニッシャーとしてケラノスを搭載することにより相手の除去を腐らせ、バーンでゲームをとっていくプランを取るのですが
憤怒やスフィンクスやケラノスなどのサイドカードに加え精神振り 否認 無効化 軽蔑的な一撃などのカウンターカードを15枚に収めるのはあまりに無理があります
この時18枚目のサイドカードの一撃3枚をメインデッキに移すことでサイドの否認や無効化にのびのびと十分な枚数積ませることを可能にしています

よく対処方法の比較として静翼のグリフの話を耳にしますが、これはアブザンには全く入れません。
1つとして先出ししていた場合に、思考囲いなどでしか対策の取れないカウンターカードと違いグリフの場合除去が解答になってしまい、除去の上からこれらのクリーチャーを重ねられた際に大きな損害を被ること
また、フラッシュで相手のクリーチャー呪文に合わせた場合も戦場に出た際の誘発効果が消えるところまでは良いものの結局サイやロックなどの脅威は盤面に存在してしまい、別途これらを処理しなければならないのでそこまで得をしないこと
などの理由があります

グリフが入るのはハチや信奉者を擁し且つ除去が入りにくい信心系のデッキや星座ドレッジ方面です


ラブルマスターは説明はいらないと思います
が、やはり先攻で出てナンボな部分があったのと環境初期にはいなかったアブザンアグロが増え始めて、場に送り込んでも仕事をしない場面が目立つようになりました


カマキリの乗り手
胆汁病と稲妻とアブザンチャームがきついっす
強いけども


灰雲のフェニックス
期待の新戦力
除去を2枚使わせられるのはえらい


嵐の息吹のドラゴン
ミラー、対アブザンともにかなりのパワーカード



とりあえず一旦しまいます
理由はアブザンアグロの大流行です
相手先攻のライオンorラクシャーサが決まるとこちらは攻勢を防ぐためには後手で置いた2マナで稲妻を打ち込むしか方法はなく、T3には更に強力なアナフェンザやクルフィックスが顔を覗かせます
ここで返しで3マナのリングやチャームを解答として叩きつける、ないしはカマキリで攻勢に出る(ラブルマスターはすでにこの盤面では仕事はできないです)などすると今度はT4のサイを軽蔑的な一撃で止めることができず大きな擬似アドバンテージ差をつけられてしまいます
軽蔑的な一撃を握ってターンを返すとたしかにサイは(もし持っていたなら)止まりますが、盤面のクリーチャーからのビートダウンは続き、あまつさえクルフィックスに関してはアドバンテージさえ稼ぎはじめます。
4マナ域を持っていなかった場合も寒い展開で、相手の一連の動きを眺めたうえでエンドにチャームによる除去という損な立ち回りをしなければなりません

ジェスカイの5マナというのは
ドラゴン
サルカン
クリーチャー+軽蔑的な一撃
リングor軽蔑的な一撃
3マナアクション+稲妻

など非常に強力な動きが詰まったマナ域で、時を越えた探索もありロングゲーム性ではアブザンにも引けを取りません
が、結局マナが伸びた伸びなかったゲーになってしまう内容もあり、序盤からグイグイ押さえ込まれるのが厳しく以前ほどめざましくアブザンに勝てなくなってしまったので少し手放そうかなと感じました

まぁこれはどの中〜長期戦略を取る除去+ビートダウンのデッキに言えるんですが、アブザンに隙が無さすぎて確実に勝てるゲームプランを練るのはかなり難しいです

シディシウィップ、ジェスカイトークンズ、青黒コン、ティムールモンスターズなど、アブザンとは別ベクトルの強みを持ったデッキでないとかなり劣化くさくなってしまうと感じます


もちろんジェスカイもアブザンアグロが隆盛するまでの環境初期はかなり手ごたえのあったデッキであり、間違いなくポテンシャルは高いのでまた適した環境になったら引き出してこようかと思います


スポンサーサイト

カテゴリ: MTG

tb: 0   cm: 0

« シンデレラガールズ PARTY M@GIC!!  |  タルキール覇王譚ドラフト 個人的まとめ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://syncauru.blog134.fc2.com/tb.php/587-e812578d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。