05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

グランプリ静岡2015 

じゃん

シズオカ会場



GP静岡に参加してきました

結論から言ってしまうと7-1-1で初日を抜けることができ、本戦である2日目のドラフトに参加するという目標を達成することができました!


この大舞台に向けて自分たちなりに身内やら晴れる屋などで頑張って調整および練習はしてきたつもりでしたが、正直ここまでうまく事が運ぶとは思いませんでした



たかが初日抜け とは言え初めて参加したGPの結果が予想以上に良すぎてただただ感無量でした

正直プールにも助けられたと思います。レアや神話が《硬化した鱗》や《ウギンの絆》だったりフェッチ三昧だった人と比べると恵まれているプールをもらえましたし、もちろんそれを最大限うまく勝てるよう構築する努力、プレイへの気配りもしました。

ちゃんと前日にシンデレラガールズも観ました(マジで泣きました)




一番難しかったのがやはり氏族関連のカラーチョイスで、以下の画像のプールが実際に使うことになったシールドのプールです。


GPシールドプール1



GPシールドプール2


GPシールドプール3




シールドの練習でアブザンとスゥルタイ、もしくは白黒t青緑が除去ベースであり安定したプールで長いラウンドを戦う上で強いデッキであるということはある程度結論が出ていて、そこに来てジェスカイマルドゥどころかアブザンスゥルタイも強いプールを踏んでしまったので本当にめちゃくちゃ悩みました


アブザンガイド、グドゥル、族樹の発動、ラクシャーサ、エイヴン等の性能を買っていつも通り慣れた白黒緑青で行くのか、カマキリ、ブッチャー、チャーム、マルドゥ隆盛、内向き眼で白赤t青黒で行くか、もしくは全部詰め込んだ5cまで・・・と本当にデッキ構築制限時間ギリギリまで考えていました。


土地は前者で行った場合は4枚、後者で行った場合には6枚と土地だけで見たら若干マルドゥジェスカイに分があるように見えますが、白黒緑青は主力としてモーフクリーチャーを多く擁しておりフェイスアップまでにマナが出てればよいのに対して白赤青黒はいきなり色マナを要求するクリーチャーやスペルを多めに抱えているので安定性は五分五分です


最終的にマルドゥジェスカイを選んだ理由は除去と押し込みの手数で、白黒を触る時点で大方の除去ベースはあまり変わらず今回は黒のコモンが貧弱で、長期ラウンドを行う上で除去の少なさは安定性に大きく影響すると感じていたので赤の方からこれを借りてくる形になりました


最悪アローやチャームは本体に叩き込んでもよく、トップデックにやや頼りがちになるリミテッドではデッキ内に即座に叩ける9点火力が眠っているのは大きな強みになるのでこの部分にも押されました


あとはラクシャーサの死与えが相当なパワーを持っているのにプレイアブルカードのベースが白に寄っていてあまりガッツリ緑黒ができなかったのもアブザンスゥルタイを取りやめた理由ですね

タッチラクシャーサほど意味のないタッチもないので

完成したデッキがこれ

GPシールドデッキ




以下、15Rやったマッチスコア

1R(ティムール):××

2R(スゥルタイt白):◯◯

3R(アブザン):◯×◯

4R(5c):◯×−

5R(アブザンt青):◯×◯

6R(アブザンt青):◯◯

7R(ティムール):◯◯

8R(アブザン):◯×◯

9R(マルドゥ):◯◯




初日7-1-1


2日目ファーストドラフト

10R:××

11R:×◯×

12R:◯◯


1-2

キンタマ


2日目セカンドドラフト


13R:×◯×

14R:◯×-

15R:◯×◯


1-1-1

ウンポ


15Rはあまりに長すぎて全部書くのは無理なので(そもそも覚えてもない)、一部一部をかい摘まんでだけ


1R(ティムール):××

1g

プール結構強かったし頑張るぞい!

土地3 スペル4キープ→トップから怒涛のスペル連打

ぼく「参ったなぁ〜(軽蔑構えてるからデカブツ潰してなんとかテンポ取るやで)」

相手「スーラク唱えたいです」


ほげえ〜

2g

悲しくも再び止まってしまうランド
頑張って小物ビートするも5マナ立った瞬間からスーラクを見てしまっているため途端に動けなくなってしまう
案の定エンドにスーラクで、マナスクしている盤面では対処のしようもなく・・・


帰るか




1R終了直後マジでげんなりしててやばかった

蟹とつっしーは勝ってたし2人が上がるように応援するか・・・みたいな感じで結構キテた


2,3R目

3R目2gのランドが止まってしまって負けたゲーム以外はかなりいい感じで試合運べててデッキ自体は間違ってないのかな?と薄々感じ始める



問題の4R目(5c)

1g目こちらの内向き眼の賢者を筆頭にライフリンク軍団がライフを吸いまくるも相手もアブザンガイドとスゥルタイの剥ぎ取りでライフのキャッチボールしてるだけで全く終わる気配がない

25分くらいかけてようやく勝利するも2g目は1マリガンからの3ランドストップで秒負け



3ゲーム目盤面的には有利な盤面でET突入

ゆっくり詰めていけば勝てる盤面もさすがに5ターン(しかもこっち開始なので実質2ターンのみ)で勝利するのは難しく、抵抗の妙技まであり後1ターンあれば・・・というところで両者引き分け


もう少し早くプレイしてたらなぁという反省

このルールの引き分けは何も生まないので早く正確にプレイするに越したことはない(7勝以上ないと本戦行けないので引き分けと負けは予選では同じ)




ただ、唯一良かったこととすればこのレギュレーションでは勝ち3点 引き分け1点 負け0点でマッチポイントが計算されて、同じ点数の人が当たるシステムなので1回引き分けを起こした以上これから当たるのは今までで同じように引き分けを起こしてしまったデッキ すなわちアブザンやスゥルタイなのでこれらのデッキに滅法強く組んであるテンポマルドゥジェスカイはかなり勝ちやすかったです



この時点で2-1-1

開始4R目からもう負けられない崖っぷちww

蟹3-1 Gyama2-2と崖勢3人で頑張ることを誓う


5.6.7.8.9R

怒 涛 の 5 連 勝



7ラウンド目の人先攻2Tアイノク 3Tカマキリ 4T解体者してしまってすまんかったな・・・
このムーブを返せるシールドのデッキは存在しないんや



終盤ラウンドからは周りも対戦相手もデッキが異次元になってきて、アホみたいにカウンターが乗ったズルゴもいればソリンの奥義決まってる卓もあるしで、オレもサルカン含む神話レアの襲撃を幾度となく受けたけどなんとか切り返して勝ちw

サルカンはやっぱり即除去に繋がるのは強いけど壊しやすいのが助かったね

ソリンかロックだったら負けてる場面何度もあった



というわけで
晴れて初日最終成績7-1-1 約2400人中38位で初日抜けとなったわけです!!

ここまで勝てたの本当に前日のアイドルマスターシンデレラガールズのアニメのおかげ!
みんな見ましょう


シンデレラガールズ


byeなし初日クリアはガチで嬉しかったです

初戦から急速潜行して残り8マッチ全て負け無しのリアルサブマリンでした


飯が最高にうまかった・・・




で、2日目

トップ8入り目指すなら全勝

マネーフィニッシュ目指すにも4-2が要求される



ファーストドラフト

2パック目からフェッチ!・・・も、ここはGP静岡。心の中から「馬鹿野郎お前!」という声が聞こえ後ろの鷹匠をピック

できたデッキがこれ


GPファ-ストドラフト





ほぼ白t赤青みたいな感じで大して山いれてなくて平地が一番多いのに山3〜4枚引いてセット落としまくったのは信じられねえ・・・

デッキはそこそこ強かったはず

複数枚積みのカードが多くてデッキの動きに統率性があったのがよかったかな




ちなみにレアは足首裂き 緑白フェッチ 大臣でした

プレイアブルなレアをよこせ



セカンドドラフト

すでにトップ8の芽はなし。しかしマネーフィニッシュの芽はあり

1パック目のレアはラクシャーサの大臣

死ねやお前

2パック目からは血に染まりし勇者

うーん・・・




この時点でデッキはかなり貧弱

なにか除去があれば・・・



3パック目

緑白フェッチ・・・の後ろに死の投下・・・!

ああああああ ついに待ち望んだ爆弾除去が・・・!

心の中から「馬鹿野郎お前!(もう芽が薄いんだからおとなしくフェッチ取るぞお前!)」



マネーピック




静岡でマネーピックのプロやってます

よろしくお願いします



14R終了時にあのクリスチャンカルカノからいきなり声かけられて「なんでオレ!?」って思ったけど、とりあえず良い機会だしサインを貰っておいた


カルカノサイン




静岡GP思い出の品



そんなこんなでマジで最高に楽しかった静岡GPでした!

2日間本戦に従事しててせっかく来てた知り合いとあんまり話す時間なかったのが残念だったけどみんなmtg熱あるしまたどこかで会えるでしょう!


他の人を見ててマジでプレイうまい人っているんだなって何度も思う場面あったのでこの結果を良き反省として慢心することなくBMOや他のGPにも出て行こうと思いました


普段マジックやってる中野のメンツにも感謝しています

調整しなかったらこの結果もなかった


初日最終順位






スポンサーサイト

カテゴリ: MTG

tb: 0   cm: 0

« 来期のマルドゥミッドレンジ構想ともう1つネタデッキ案  |  マルドゥミッドレンジ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://syncauru.blog134.fc2.com/tb.php/591-11a3b561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。