04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

マルドゥミッドレンジ総括 


魂火4
熟練扇動者4
解体者3

軍族童の突発4
かき立てる炎4
はじける破滅4
稲妻の一撃2
英雄の破滅2
勇敢な姿勢2
ソリン2
胆汁病2
前哨地の包囲2

遊牧民の前哨地3
悪意の神殿3
凱旋の神殿3
静寂の神殿2
鍛冶場3
コイロス3
ぬかるみ3
山2
沼2
アーボーグ1


サイド
無慈悲な処刑人2
思考囲い4
見えざるものの熟達2
弧状の稲妻
神々の憤怒
灰雲のフェニックス2
完全なる終わり2
胆汁病


例によってしばらく封印するのでジェスカイの時と同じように通り一遍の解説を
単体のカードパワーでは弾ける破滅以外はほとんどアブザンの方が上手なので(赤白をはじめ最近のデッキはほとんどそうなんですけど)綺麗なムーブを用いてテンポよく相手を殺していくデザインとなっています

・かき立てる炎
軍属童+かき立てる炎
主に3〜4ターン目の先手後手の入れ替えに用います
4ターン目は4枚目の土地がアンタップインでさえあれば無条件、3ターン目は2ターン目に魂火の大導師を場に送り出せていれば入れ替えが成立します
ここでいう入れ替えとは、序盤展開で起こりがちな先手がクリーチャーを展開→後手が除去→先手が再びクリーチャーを展開→・・・ や、先手が待ち→後手が展開するも即座に除去→先手が展開→・・・
のような展開をひっくり返すことを言い、先に述べた状況では展開と除去の二回行動を早期の段階で行えるため一気にこちらのテンポに持って行きやすいです

・ラブルマスター+かき立てる炎
こちらは上の状況と違い5マナ域(ラブルマスターの3マナとラブル+トークン+生の2マナ)で且つ戦闘前に除去をもらわないケースのみ活きるのでやや登場の機会は少ないですが、トークンを生き残らせることができる手法なので重宝します
また3ターン目などに稀に発生する事故で赤マナが2つ出ない場合、ラブルマスターが返しで除去された場合でもラブルが産み残したトークンが召集赤マナを捻出し、かき立てる炎に至るケースもあるので覚えておいて損はないです


・軍族童の突発
マルドゥに入れない理由はないと思います
上記の先手後手の逆転に多用するほか、面展開に対応できるデッキが少ないためです
胆汁病で一網打尽に見えますが3体死んだように見えてたかだか1:1、むしろマルドゥは魂火やラブルマスターなど胆汁病の打ち所の宝庫であるのでこれを減らしたところで何も変わらず、逆に童に打たれて他が通ればよいのでここに打たれる胆汁病なんていうのはどうでもよく、むしろ胆汁病でしか対応できないカードという点が重要です

さらに繋がるのが次のターンのマナ域に控える軍族の解体者です
ゴブリンを食った速攻5パンが最も多用されるケースですが、アグロ寄りなデッキに対しては絆魂で対応できるので非常にデッキへの親和性が高いです

・はじける破滅
◯◯英雄の◯◯に何色が入っていても負けなくなる良い1枚

2点というダメージも馬鹿にできなく、当然のようにライフを狙っていくこのデッキではダメージレースに大きく貢献します
怪物化したライオンやシムルガル1枚にやられることもなくなりマルドゥの対地雷性能を高める1枚です


・前哨地の包囲
単体で強いのは言うまでもなく、他にも先ほどの先手後手の入れ替えを嫌い、お互いいつまでも除去を構えながらなかなかクリーチャーを置かずターンを返し続ける展開の中でポンとこれを置いてやると「えっ・・・せっかく除去あるのにPWでもクリーチャーでもないのかよ・・・」とそのまま棒立ちのマナを無駄にさせつつ好き放題できるので強いです

クリーチャーがいたとして、3点とか4点みたいなゴミみたいなクロックなら1ターンくらいはライフで受けるのを許してあげて無理してでもこれを設置するとみるみるうちに逆転できるくらいのパワーです



サイド

・無慈悲な処刑人
場に出た時にお互いのプレイヤーにクリーチャー生贄を強要する除去のように振る舞うCIP持ちです
大抵は無慈悲な処刑人が出て、無慈悲な処刑人と相手クリーチャーを生贄といった振る舞いをしますがマルドゥでは少々挙動が異なります
軍属童やラブルマスターが産んだトークンを代わりに生贄にすることが可能なのです
自軍は1/1が3/1に生まれ変わり相手はクリーチャーを1体失うというなんとも鬼のような働きを見せます
主にアブザンのような点攻めデッキにサイドイン
また、青白英雄のサイドから入る否認もクリーチャーなので安心してすり抜けられます


・思考囲い
ずっと2だったんですけどコントロールとの勝率が五分五分にまで落ち込んでしまったので4に増量する予定ですが僕はしばらくこのデッキはお休みします


・熟達
青黒コントロール、もしくはミラーの除去コン系統への投入
否認すらすり抜けるスピードで設置可能なことと、出てくるクリーチャーが無色なのでウギン一発にやられる線を消すことができています
パーフォロスハンマーと1:1で散らしてもいいかもしれません



というわけでしばらく僕はジェスカイに浮気しようと思っています
アブザン増えてコントロール減ったらまたマルドゥに戻ってくる予定です






スポンサーサイト

カテゴリ: MTG

tb: 0   cm: 0

« 龍紀伝リミテッド雑感  |  マルドゥミッドレンジ(2015/2/6) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://syncauru.blog134.fc2.com/tb.php/597-5c217d3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。