07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

ティムールドラゴンズ反省会 



反省点、ティムールに至るまでの経緯、構築要所 もろもろ

構築のスタートは赤緑ドラゴン
赤緑にはラノエルから入って3マナ目(しかしターン的には2ターン目)に強い動き、すなわちラブルマスターを持ってくるタイプと女人像とラトルクローをマナ加速の基盤とし4マナ目(ターン的には3ターン目)に強い動きを持ってくるタイプの2通りあって今回の構築は後者
女人像4爪鳴らし4の灰雲4雷破4、続く上位マナ域にストームブレス2アタルカ2を構える構成でした

まず3マナ重点型を取りやめた理由
1.確実に1枚目2枚目の土地はアンタップでなければならなく、さらに色は1枚目は緑、2枚目は赤
2.上記の理由によりマナ基盤の不安定、3枚目以降のタップインにより結局テンポが乱れる。テンポの前借り
3.リターンが微妙でリスクもそこそこある
1ターン目の返しにに山がアンタップインされてターボでラブルマスターを出したところにワイルドスラッシュでも喰らおうものならゲームが崩壊
そうでなくとも2マナ除去を食らうとラノエルとトークンしか残らない
これは3マナ域の動きを猛禽にした時も同様
4.ラブルマスターがティムールで弱い
あれは強い除去の後押しがあってこそ輝くカードです

さて、4マナの強い生物を集めたデッキ
ここで一つの問題になるのがマナクリを引けなかったケースと、ラトルクローを除去されたケース
つまりは通常通り2マナの次は3マナを出していくムーブでの話です
現在の構成ではここが全くの空白で、さらに残念なことに除去を構えて相手のターンを迎えようにも赤緑系の除去はロースト・クレータークローとソーサリータイミングでしか撃てないスペルが多めです

なので3マナの生物を出す必要が出てきたのですが、このデッキにクルフィックスの狩猟者が合っているとは到底思えず、死霧の猛禽もシナジー無しで採用には至りませんでした
3色目を検討したのがここです

凶暴な拳刃(以下ゴリラ)は3マナでキャストするクリーチャーであり且つ4マナがあるとヘイスト付きでさらに強く場に送り出せるという変わった性質を持ったクリーチャーです
この性質がこのデッキにガッチリ嵌っていて、順当にマナジャンプアップができても強い、かつマナクリ不在などして3ターン目に3マナを迎えても強いとまさに渡りに船のようなカードでした

さらにゴリラにとって追い風なのが環境で使用されるカードの変化です
通常先手でマナのジャンプアップアップに成功した場合こちらが4マナのクリーチャーをキャストする際に相手のマナは2マナなはずです
想定するカードとしては軽蔑的な一撃、ライスト、シルムガルの嘲笑、胆汁病、プライス などが挙げられます
ゴリラは3マナなので軽蔑的には引っかからず、且つキャストの際には赤が1マナ余っているのでシルムガルスコーンも撃たれません
場に出た後もフェニックスや雷破と違って多色なのでプライスも跳ね除けます

マナが余ってる時の挙動も強く、プチ真珠湖の古きものと言った感じで除去が当たりません
アブザンミッドレンジやコントロールに劇的に弱かった赤緑の相性差を逆転させたカードとも言えます
結果的に4マナ域〜終盤で非常に安定するエースクリーチャーであるとの評価を下せたので3色目の投入を決めました

唯一注意しなければならないポイントとして、キャスト→ヘイストまでの一連の動きに全て色マナを消費するのでドラゴンランドとはやや相性が悪いです。ドラゴンランドは多くて2枚

ティムールにしたことでメインに頑固な否認も採用しました
これについてはまぁ及第点といったところで、どハマりすれば結構気持ちいいくらいの感覚で別に無くても大丈夫そうです。


ドラゴンとドラゴンボーナスカードの枚数比ですが赤緑ドラゴンの段階では
雷破4 嵐息吹2 アタルカ2 龍詞の咆哮3
だったところをティムールミッドレンジでは
雷破4 嵐息吹2 アタルカ1 龍詞の咆哮2
で、この減った2枠に頑固な否認を忍ばせました

この龍詞の咆哮というカードあんまり好きじゃなかったんですけど上ブレを期待して稲妻を全てこれに差し替えました
テキスト読めば分かるんですけどドラゴンと一緒にあると強いです(当たり前)

アタルカは冷静に2にする意味がないです
意味がないは盛りですがドラゴンランドが墓地のどんなドラゴンにも変化できるのと同義なので2枚目を採用してダブるリスクを背負うよりもドラゴンランドに擬似的な2枚目になってもらった方が構築的には建設的です(構築は建設な為)

火口の爪は土地を多く引いてきてしまってもウキウキできるカードです。麻薬と一緒です。嘘です
あと空に対する4点火力以上ないと負けるので


焙り焼き
タルキールのサイは肉が柔らかく焙り焼くと美味しいためです



23
爪鳴らし4
女人像4
雷破4
灰雲4
嵐息吹2
アタルカ1
拳刃4

13
ゼナゴス2
頑固な否認2
焙り焼き3
火口の爪4
龍詩2


24
ティムールランド4
神秘1
山麓4
回収ランド2
山4
森4
シヴ3
ヤヴィマヤ2

頑固な否認
炎の円2
焙り焼き
威圧の誇示1
起源のハイドラ2
破壊的な享楽2
スズメバチの巣2
双雷弾2
群衆の掟2


群衆の掟は赤緑ドラゴンのクリーチャーどもを「ちょっと借りるね」つって15点くらい叩き込んで終わりです


反省点は頑固な否認かなーとも思ったんだけど、これを軽蔑的な一撃にしちゃうと3マナ除去が消せないからやっぱり頑固なのかなとか思ったり思わなかったり

あとナイレアの弓はいる


スポンサーサイト

カテゴリ: MTG

tb: 0   cm: 0

« ティムールビートダウン  |  龍紀伝リミテッド雑感 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://syncauru.blog134.fc2.com/tb.php/599-73f7f9a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。